どうやったら・・・

どうやったら彼は心を痛めていました。
出る杭は打たれるとでも言うのでしょうか。
彼は、一部の人からあまり良く思われて居ないようでした。

その当時、彼と私は友達関係にありましたがさほど深い関係でもありませんでしたので
話を耳にした時は「そうなんだ」程度にしか感じていなかったのですが
ことの詳細を彼自身から聞く事によって、徐々に
彼が私に話をすることで、気持ちが楽になってくれたら
と思うようになりました。

彼のほうに肩入れしていると思われても仕方が無いのかもしれませんが、私が感じ取っている状況などを
考え合わせた結果、彼のことを何とか元気にしてあげたいと思うようになったのです。
それは友情という気持ちのほうが強かったのですが
いつからか、私はふとした瞬間に
どうやったら彼が笑顔になれるのか
という事を考えるようになって行きました。

それが恋愛感情の第一歩であったと思うのです。
2人が交際を意識し始めたのは、それから半年ほど経過してからでしょうか。
彼自身の問題に落ち着きが見られたことで、
「私と彼の話」
と言うものか増えていった事に起因します。

それからというものの、私たちはそれぞれを知ろうとする気持ちを見せ合うようになり
自然と恋愛関係に進展していきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加